褒めることの重要性と記憶力

教育というと学校で勉強を行いますが、子供は勉強を小さい頃から行っています。
母親のお腹から出てきた時から、知識を身に付けていきます。
小学校に上がる前までには、家庭教育で、鉛筆の持ち方や自分で服を着る方法、人に会ったら挨拶をするなど、生きていくために必要なマナーという教育を受けていきます。
子供は、知識が頭に入りやすく、三歳児にして日本語を簡単な言葉や意味を理解します。
小さい頃は誰でも個人差はありますが、一番物事を覚えることができる時期になります。
しかし、小学生になり、中学生になるにつれて、勉強ができない難しくなってくるという分野ができますが、昔は苦手な分野がなく、なんでも平等に学ぶことができました。
この違いは、苦手意識がないことにあるのではないでしょうか。
小さい頃は、遊びながら学ぶという形のため、なんでも楽しく学ぶことができ、苦手ということがありません。

また、上手くできたら褒めてもらうことができ、できなくても頑張ったことを褒めてもらうことができます。
このことから年齢に関係なく、褒めるということが重要だということがわかります。
人は褒められて嫌な気持ちになることがなく、嬉しい気持ちになりますので、できなくても褒めることが重要です。
成績が悪くても、まずは、頑張ったことや褒められるところを見つけましょう。
褒めることにより、やる気を出します。
やる気は勉強をやろうということに繋がるため、最初はできなくてもやろうという意欲から頑張ります。